UCLでクリーンシートが23回も バイエルンでも崩せないアトレティコの守備力はもはや異常か

火力はなくとも守備がある

火力はなくとも守備がある

バイエルンを完封したアトレティコ photo/Getty Images

28日にチャンピオンズリーグでバイエルンと対戦したアトレティコ・マドリードは、ヤニック・フェレイラ・カラスコが奪った得点を守り切って1-0で勝利した。何度か決定機は作られたものの、バイエルンを0に抑え込む守備力はさすがだ。

英『Squawka』によると、ディエゴ・シメオネ率いるアトレティコはこれでチャンピオンズリーグでのクリーンシート数が23となった。失点もわずかに20で、バルセロナやバイエルンといった強豪を抑え込む守備力は異常なレベルにある。

同メディアもバルセロナやレアル・マドリードと比較して火力は劣るが、守備は欧州屈指のものがあると称賛している。

そしてこの鉄壁を築いたのはシメオネだ。独『Sport1』によると、かつてバイエルンなどを率いたオットマー・ヒッツフェルト氏もシメオネのチームを高く評価しており、「シメオネがいなければアトレティコはリーガで4位以内に入れないはず」とその手腕を絶賛している。

決勝トーナメントに入ってもアトレティコは相手にアウェイゴールを許す機会が少なく、勝ち上がる術を知ったチームといえる。戦い方は決して派手ではないが、今季もアトレティコが上位まで勝ち上がってくる可能性は高そうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ