“アジアの看板選手”ソン・フンミンはベイル以来の逸材だ! また得点決めたアジアのスターを英紙大絶賛

いったい何があったのか

いったい何があったのか

CSKA戦でも得点決めたソン・フンミン photo/Getty Images

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンにいったい何が起こったというのか。リーグ戦ではストーク・シティ、ミドルズブラ相手に2得点ずつ決めると、27日のチャンピオンズリーグ・CSKAモスクワ戦でも決勝点を記録。勢いが止まらない。

この活躍に英『HITC』は、トッテナムからレアル・マドリードへと移籍したFWガレス・ベイル以来の衝撃だと韓国のエースを絶賛している。ソン・フンミンはベイルと同じサイドでプレイしていることに加え、CSKA戦ではセンターフォワードでプレイする時間帯もあった。こうした部分がベイルに似ていると捉えられているようだ。

縦へのドリブル突破もあり、得点も奪える。ベイルと比較するのは酷かもしれないが、ソン・フンミンのようなアタッカーは近年のトッテナムにはいなかったタイプの選手かもしれない。

ナセル・チャドリも得点が奪える2列目の選手としてトッテナムでブレイクしたものの、同メディアはスピードや継続性の面でソン・フンミンの方が勝っていると韓国のエースを絶賛している。

加えて同メディアはソン・フンミンをアジアの看板選手と称えており、すっかりソン・フンミンはトッテナム、そしてアジアを代表するスター選手になっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ