バルセロナGKテア・シュテーゲン、正GKとして乗り込む古巣との一戦に「待ちきれない」

ボルシア・パルクでは良いゲームをしたい

ボルシア・パルクでは良いゲームをしたい

バルセロナで正GKとなったテア・シュテーゲン photo/Getty Images

バルセロナは28日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でボルシアMGと対戦する。

この夏、2シーズンに渡ってバルセロナのゴールマウスを守っていたクラウディオ・ブラボがマンチェスター・シティに移籍。正GKの座を掴み取ったドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンにとってボルシアMG戦は、バルセロナの一員として古巣クラブに帰還する特別な試合となる。20名の招集メンバーに選出されたテア・シュテーゲンは、自身のTwitterで「今のチームとメンヒェングラードバッハは飛行機で移動。待ちきれない」と呟いた。

そしてボルシアMGの公式サイトでは「メンヒェングラートバッハへの復帰は予想していたよりも早くなってしまった。だが、帰国するのを楽しみにしてる。バルセロナの2シーズンでは、素晴らしい時間を過ごしてきた。キャリアの大半を過ごしたボルシアMGは昔の恋人のような感じだが、いまフィールドではバルセロナのために100%を出して戦う。ボルシア・パルクでは勝点3をとるために良いゲームをしたい」と語っている。古巣との一戦で気合のこもるテア・シュテーゲンは、どんな活躍を見せるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ