F・トーレス、1得点しか決めていないフランス代表FWを擁護「タフな試合が続いていた」

FWガメイロ、今季PKでの1ゴールのみ

FWガメイロ、今季PKでの1ゴールのみ

アラベス戦でのケビン・ガメイロとフェルナンド・トーレス photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードのフェルナンド・トーレスが、この夏に加入した新戦力のフランス代表FWケビン・ガメイロについて語っている。

トーレスは、本来の得点力を発揮できずにいるガメイロについて「我々は今シーズン序盤でタフな試合が続いていた。ガメイロの実力をわかっているし、いずれゴールを量産できると確信している。アトレティコ・マドリードのストライカーになる必要がある。みんな彼を信用しているよ」と述べた。スペイン『MRCA』が伝えている。

この夏セビージャから加入したFWガメイロは、先発出場の機会を掴むもなかなか結果を残せず、第1節アラベス戦で決めたPKでの1ゴールのみにとどまっている。昨季リーグ戦で16ゴールを記録したストライカーは、アトレティコのスタイルに順応し、ゴールを重ねることができるだろうか。アトレティコは次節、17日に行われる第4節でスポルティング・ヒホンと対戦する予定となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ