チェルシー、新生スペイン代表落選の“元10番”を今冬に放出か!? 行き先はイタリアが有力

自身初のセリエAへ

自身初のセリエAへ

放出が噂されるセスク photo/Getty Images

指揮官が交代したこともあり、先日行われたロシアW杯欧州予選でスペイン代表メンバーから外れてしまったチェルシーMFセスク・ファブレガス。長年スペイン代表の10番を背負ってきたセスクだが、今季はクラブでもベンチを暖めることが多く、2試合に途中出場したのみとなっている。

そんなセスクが、今冬の移籍市場でセリエAのクラブへ移籍するかもしれない。英『EXPRESS』によると、セスク本人はチェルシーでの定位置争いに意欲を示しているが、クラブ側は来年1月に同選手を売却する意向とのことだ。さらに同メディアは、新天地として今夏の移籍市場でも浮上したミランやユヴェントスが有力ではないかと報じている。

はたして、セスクは今冬に移籍を決断するのだろうか。もしセリエAのクラブへ移籍をするとなると、自身のキャリアでは初のイタリアでのプレイとなる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ