トリノ新加入のGKハートがさっそくミハイロビッチからお叱り? 「個人的なミスで負けた」

新天地デビューを白星で飾れず

新天地デビューを白星で飾れず

デビュー戦は黒星となってしまった photo/Getty Images

イングランドでも指折りのGKがイタリアで決して爽快とは言えないキャリアのスタートを切った。マンチェスター・シティから期限付き移籍でトリノへ加入したイングランド代表GKジョー・ハートが、アタランタ戦で早速先発出場を果たしている。

ペップ・グアルディオラのお眼鏡に叶わなかったハートは今夏に自身初となるイタリアセリエAの舞台に参戦。再起を図るべく奮闘を期待された29歳だったが、デビュー戦となったアタランタ戦の後半10分には相手コーナーキックの処理を誤り、アンドレア・マジエッロにあっさりとゴールを許してしまう。さらに試合終盤にもPKから失点を許したトリノは結局逆転負けを喫し、イングランド代表GKにとってはほろ苦いイタリアデビューとなってしまった。チームを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督も失点シーンにおけるハートと、敵にPKを与えたロレンツォ・デ・シルベストリのプレイについて聞かれると、次のように話している。伊『sky』が伝えた。

「チームは2つの個人的なミスによって敗北を喫してしまった。これは紛れも無い事実だよ。これまでに我々が許してきた失点は全て個人的なミスが原因だ。チーム全体のミスではない」

イタリアでのハートの挑戦はまだまだ始まったばかりだ。“失格の烙印”を押された男のリベンジが、近い将来に奏功することを願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ