昨季までの活躍から一転、監督交代で出場機会に恵まれないカールスルーエ山田「失うものは何もない」

悔しさをバネに飛躍を誓う

悔しさをバネに飛躍を誓う

今季出場機会に恵まれていない山田 photo/Getty Images

山田大記が所属するカールスルーエは10日、ドイツ2部リーグの第4節でユニオン・ベルリンと対戦した。試合は前後半に2点ずつ奪われ、カールスルーエが0-4で大敗。ベンチ入りしていた山田も出場機会はなかった。

昨季リーグ戦31試合に出場し、チームの主力として活躍してきた山田だが、監督の交代で今季は出場機会に恵まれていない。そんな彼がユニオン戦後に自身の公式Twitterを更新。現在の思いを次のように綴った。

「難しい局面。でも裏を返せば、この失うものが何もない状況だからこそ、起こせる変化もある。悔しさはしっかり活力にしつつ、前向きに挑み続ければ、この時期があったからって後から思える。根拠はないけど、確信があります。笑」

SNSで飛躍を誓った山田。はたして、少ないチャンスを生かし、再び定位置を確保することができるのだろうか。今後の彼の活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ