韓国代表監督がシリアの非紳士行為にブチ切れ「15分も時間稼いだのにロスタイムはたった6分」

得点を奪えなかったことへの自省も

得点を奪えなかったことへの自省も

シリアによる時間稼ぎに憤慨するシュティーリケ監督 photo/Getty Images

6日にマレーシアで行われたロシアW杯最終予選のシリア戦を0-0で引き分けた韓国代表指揮官ウリ・シュティーリケが、同ゲームを怒りと共に振り返っている。

同国のスーパーエース、ソン・フンミンが不在だったことを言い訳にすることも可能だが、それを凌駕するほどの不甲斐なさが残った。ボールを支配し技術面においてもシリアを遥かに上回りながら、最後までゴールを奪うことができなかった韓国。しかしながらシュティーリケ監督の怒りの矛先は、ネットを揺らせなかった自チームよりもむしろ対戦相手の“とある振る舞い”へ向けられることに。韓国『聯合ニュース』が同監督のコメントを伝えている。

「この試合結果に私が納得することはできない。ゲームが始まる前に私は選手らに対して、シリアの時間稼ぎのスタイルに関する話をしたよ。彼らが15分間も時間を無駄に浪費したとしても、我々に与えられたロスタイムはたった6分だけだ。そういったことが起きてしまうからシリアのようなチームはさらに時間を稼ごうと大げさな行為をやり続けるんだよ。AFC(アジアサッカー連盟)は事態を深刻に考える必要がある。攻撃的に戦い、テクニックに優れた名手が揃うチームと、サッカーへの冒涜を繰り返すチームとでは、どちらがW杯という舞台に相応しいかを。もちろんゴールを決めることができなかった点についてはウチのチームの落ち度だがね」

FIFAランク105位という格下のシリア相手に予想外の苦戦を強いられてしまった韓国。先日の中国戦を3-2で辛勝していたことは不幸中の幸いだったと言えるかもしれない。今後の彼らの再起に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ