移籍先の希望はレアルではない? PSGのヴェッラッティ「いつかここを離れるなら……」

移籍するタイミングは今ではないと語る

移籍するタイミングは今ではないと語る

近年急成長を遂げているヴェッラッティ photo/Getty Images

彼のゲームメイク能力は日に日に高まっている。フランス王者パリ・サンジェルマンの攻守を支えるイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが、改めて同クラブでの生活に満足していると語った。

2012年にイタリアのペスカーラからパリへとやってきたヴェッラッティは当時のカルロ・アンチェロッティ政権下で重宝されると、今や世界的なパサーにまで成長している。もちろんそんな才能溢れる23歳には多くのクラブが惹きつけられ、今夏にはスペインの名門レアルも獲得に動いたと囁かれた。しかしながらヴェッラッティは可能な限り長くパリに留まりたいと宣言。仏『L'Equipe』が同選手のコメントを伝えている。

「僕はパリでの生活に満足してる。できるだけ長い時間をここで過ごそうと考えているよ。もしもいつの日かパリ・サンジェルマンを離れる日が来るとしたら、イタリアへ復帰したいという気持ちを隠すことはしないよ。もちろんそれは今ではないけどね」

どうやら天才パサーにとっての願いはスペインリーグへの参戦ではなく、イタリアサッカーに復帰することだったようだ。そのタイミングは今ではないと語ったヴェッラッティだが、このコメントを聞いたセリエAのビッグクラブは優秀なイタリア代表MFとの契約を模索することになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ