日本代表の“シンジ”られない敗北に英紙「せっかく岡崎は髪型を新しくしたのに……」

驚きの敗戦を伝える

驚きの敗戦を伝える

代表では惜敗に終わった岡崎 photo/Getty Images

日本代表FW岡崎慎司は1日、ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦に後半21分まで出場したものの、ネットを揺らすことなく不発に終わってしまった。彼が所属するイングランドのレスターの地元紙も、このサムライの奮闘を伝えている。

レスターからは同日に代表戦へ出場した唯一の選手となった岡崎だが、日本人サポーターの期待に応えることはできなかった。素晴らしいヘディングシュートがクロスバーをかするなど、惜しいシーンもあったものの、浅野拓磨と交代しお役御免。結局日本代表はホームでUAE代表相手に1-2と敗れた。英『Leicester Mercury』もこの一戦に注目していたようで、チームの花形プレイヤーである岡崎について次のように綴っている。

「今日レスターから1人のスターが代表戦に臨んだ。せっかく髪型を新しくしたのにシンジはそれを母国の勝利に役立てることができなかった。日本代表はアジア最終予選の初戦で信じられない敗北を喫している」

独特の観点から日本人ストライカーの失態を伝えた同メディアだが、彼もすでに現地では“レスターのスター”と表現される存在になった。6日に行われる敵地でのタイ戦はその敬称にかなうプレイを期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ