それでもチェルシー行きを決断したMFカンテ モウリーニョから勧誘を受けるもマンU行きを断っていた

移籍の舞台裏を明かすカンテ

移籍の舞台裏を明かすカンテ

モウリーニョからの勧誘を断っていたカンテ photo/Getty Images

この夏、レスター・シティから3200万ポンドでチェルシーに加入したフラン代表MFエンゴロ・カンテが、移籍の舞台裏を明かした。

カンテはチェルシー行きを決断する直前にマンチェスター・ユナイテッドからもオファーが届いていたという。ジョゼ・モウリーニョから直接連絡を受けたカンテは「モウリーニョからの電話は驚きだった。私は彼が主張するユナイテッドに移籍すべき理由を聞いていた。そのころはレスターに残るのか、チェルシーに行くのかためらっていた時期だった」と語った。英『Daily Mail』が伝えている。

その後「チェルシーとの交渉が順調に進んでいったし、アントニオ・コンテ監督には好感を持っていた」と語り、チェルシー行きを決めた経緯について明かした。レスターでも昨季37試合に出場しラニエリ監督から厚い信頼を受けたカンテは、新シーズン、開幕から3試合でフル出場を果たし、チェルシーでも欠かせない存在となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ