J3鹿児島がタイから日本人選手を獲得「一緒に鹿児島を盛り上げましょう」

水戸では149試合に出場

水戸では149試合に出場

水戸では14番を背負った西岡 photo/Getty Images

鹿児島ユナイテッドは2日、タイのアーントーンからMF西岡謙太が加入することを発表した。

現在29歳の西岡は、鹿児島実業高校出身で関西大学を卒業後、水戸ホーリーホックでプロのキャリアをスタート。同クラブでは2010年から2014年までプレイし、J2リーグで149試合に出場して5得点を記録している。2015年からは、かつてDF金古聖司らが在籍したアーントーンでプレイしていた。

鹿児島に加入することが決まった西岡はクラブ公式サイトを通じて「J2昇格に向けて、チームの力になれるよう頑張ります」とコメント。続けて、「一緒に鹿児島を盛り上げましょう」とサポーターにメッセージを送っている。

今季からJ3リーグを戦う鹿児島は20節を終え、首位の栃木SCまで6ポイント差で、入れ替え戦出場圏となる2位につけている。次節は11日、ホームでガイナーレ鳥取と対戦。J2昇格に向け、新戦力が加わる鹿児島に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ