[移籍]シティGKハート、トリノへの移籍が決定 セリエA史上初のイングランド人GK誕生!

グアルディオラ就任でポジションを失う

グアルディオラ就任でポジションを失う

シティの中心選手として活躍したGKハート photo/Getty Images

セリエAのトリノFCは、マンチェスター・シティFCからイングランド代表GKジョー・ハートをローン移籍で獲得した。期間は今季終了後までとなる。
プレミアリーグのゴールデングローブ賞を4度の受賞した実績を持つGKハートだったが、新シーズンから監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの目指すサッカースタイルと合わず出場機会を失った。シティはグアルディオラ監督の望む足下の技術が高いGKクラウディオ・ブラボをバルセロナから獲得。ハートはサンダーランドやストークなど国内のクラブへの移籍が噂されたが、トリノに加入することが決定し、セリエA史上初めてのイングランド人GKとなった。
同選手は「サッカーとしてのキャリアで運命の分岐点が突然やってきた。そこで移籍先にトリノを選んだことは正しい選択だったと思うし、適切な時期でのオファーだった。世界最高水準であるセリエAのGKたちと比較されるのは幸せなこと。トリノで多くのことを学べると確信している」とコメントしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ