日本代表から負傷離脱のDF槙野「サムライ魂は置いていきます」

長友も離脱が決定

長友も離脱が決定

日本代表での槙野 photo/Getty Images

日本サッカー協会は9月1日、そして6日にアジア最終予選を戦う日本代表メンバーからインテルDF長友佑都、浦和レッズDF槙野智章が負傷により離脱することを発表した。

8月25日に行われたメンバー発表記者会見では日本代表メンバーに名を連ねていた2人だが、槙野は怪我の影響で27日に開催されたJ1リーグ戦の出場を回避。長友が所属するインテルも日本時間28日深夜にリーグ戦を戦うが、指揮官は既に長友の欠場を明言している。

代表チームからの離脱に際し、槙野は日本サッカー協会公式サイトを通じて「僕は怪我で離脱しますが、サムライ魂は置いていきます」とコメント。「UAE戦、タイ戦、日本国民全ての力で勝利し、次につなげましょう。僕も外からにはなりますが、精一杯チームを支えたいと思います」と語った。

日本代表は9月1日に埼玉スタジアムでUAE代表と対戦、その5日後には敵地でタイ代表と対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ