UCLでもEUROでも決勝で敗れたグリーズマン よりガクリときた敗戦は「あれは大きな衝撃だったよ」

グリーズマンが語る2つの決勝

グリーズマンが語る2つの決勝

レアルとの決勝でPKを外したグリーズマン photo/Getty Images

アントワーヌ・グリーズマンはアトレティコ・マドリード、そしてフランス代表のエースとして昨季最高のシーズンを過ごしたが、どこか惜しいものになってしまった。チャンピオンズリーグでは決勝でレアル・マドリードに敗れ、EURO2016でも決勝でポルトガル代表に敗れてしまった。

スペイン『MARCA』によると、グリーズマンも決勝で2度も敗れたことを残念がっている。その中でもチャンピオンズリーグの決勝で敗れたことの方が苦しかったようで、その理由について語った。

「決勝で敗れはしたけど、僕にとってもチームにとっても良いシーズンだった。苦しかったのはチャンピオンズリーグの方だね。あれは大きな衝撃だったよ。なぜならPKだったし、決勝まで長かった。僕たちは9月からトライしていたからね。だけど僕たちは戻ってくるよ」

レアルとの決勝ではグリーズマンもPKを外してしまい、残念な決勝になってしまった。特にアトレティコは2シーズン前にもレアルに決勝で敗れており、リベンジを誓っていただけに苦い結果となってしまった。

今夏はケヴィン・ガメイロも加入し、グリーズマンの負担が多少和らぐだろう。今季こそはリーグタイトル、あるいはチャンピオンズリーグのタイトルにチャレンジしたいところだが、今季こそグリーズマンは頂点に立てるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ