ゲッツェの古巣復帰を擁護するリベリ「俺もバイエルンで何年プレイするか分からなかった」

元同僚にエールを送る

元同僚にエールを送る

33歳となったベテランのリベリ photo/Getty Images

14日のドイツスーパーカップでドルトムントと対戦するバイエルン・ミュンヘンのフランス人MFフランク・リベリが、古巣へ復帰したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェについて言及している。

ここ数年負傷に悩まされている33歳のベテランドリブラーにとって、今季のブンデスリーガは復調をアピールする絶好のチャンスとなる。近年のスーパーカップでは芳しい結果を出せずにいるバイエルンだが、リベリは「ドルトムントと対戦するときは毎度ワクワクさせられている。とてもハイレベルな試合となるからね。彼らとのゲームはいつだってハードだよ。まだ100%のコンディションとはいえないけど、チームはどんなタイトルも逃すつもりはない」と意気込んだ。独『SPORT1』が伝えている。

さらにフランス人MFはこの夏に大きな話題となったゲッツェのドルトムント復帰についても言及した。

「ゲッツェは優秀なフットボーラーだ。プレイする楽しみをまた得られたら良いね。怪我が続いていて、彼にとっては苦しい時期だった。でも大きな可能性を秘めた選手だ。馴染みのクラブに復帰することができて、トゥヘル監督からも信頼されているようだね」

「俺もバイエルンに加入した頃は何年ここでプレイするかは分からなかった。でも今は幸せだ。多くのタイトルに恵まれたし、もちろん悔しい結果に終わったこともある。今後もミュンヘンに残るというのが俺のプランさ。欧州では他のクラブでプレイしたいとは思えない」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ