ミュラー、フンメルスのブーイングは「ナンセンス」 ドルトムントとの一戦は「国全体が楽しみにしている」

初タイトルに意欲

初タイトルに意欲

記者会見に出席 photo/Getty Images

バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーがドイツスーパーカップを前に記者会見に出席した。

14日に迎えるドイツスーパーカップ。例年通り、この一戦はバイエルンとドルトムントが相見えることとなる。ミュラーはこの一戦を心待ちにしていたようだ。独『Sport Bild』がコメントを伝えている。

「国全体がバイエルンとドルトムントの一戦を楽しみにしている。このような試合は開幕にふさわしいね。3年間この試合に勝てていないし、燃えているよ。僕は90分プレイできると思う。休みの間もずっとソファーに座っていたわけじゃないからね」

また、バイエルンでの初の公式戦が古巣相手となるマッツ・フンメルスに関しては「マッツはこのような状況を恐れてはいないさ。ドルトムントファンからの指笛は完璧にナンセンスだね。マッツはドルトムントの重要な選手として8年間活躍し、栄光をもたらしてきた。感謝の気持ちを見せるべきだよ」と話している。

この試合ではマリオ・ゲッツェもドルトムントの選手として古巣と戦うことにも注目が集まっている。シーズン最初のタイトルはどちらが最初に手にすることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ