「彼はこのクラブのキャプテンだ」 コンテの下で再びテリー復活へ

昨季はスピード不足も露呈したが……

昨季はスピード不足も露呈したが……

ベテランらしい働き期待されるテリー photo/Getty Images

昨季10位と低迷したチェルシーでは、最終ラインの高齢化が問題となった。特に主将のジョン・テリーはスピード不足を露呈し、ベンチから試合を眺める時間も多かった。しかし、今季から指揮を執るアントニオ・コンテの下で再び状況が変わろうとしている。

コンテはユヴェントスでもベテランのアンドレア・バルザッリ、ジャンルイジ・ブッフォンらを巧みに起用してきたが、チェルシーではテリーが同じような存在となりそうだ。英『Daily Mirror』によると、コンテはテリーがクラブの歴史の一部であると感じており、自身がチェルシーを率いるうえでテリーの存在が今後重要なものになってくるはずだと語った。

「ジョンは常にこのクラブでプレイしてきた。私にとって彼がこのクラブでプレイすること、このユニフォームを着ることが何を意味するのかを説明できるのは重要だ。私はそれがドレッシングルームでも重要なものになると思う。私は彼と話をしたし、この関係が将来重要なものになる。なぜなら彼はこのクラブのキャプテンだからね。ジョンはトレーニングでも良いお手本だ。彼は正しい振る舞いをしているからね」

コンテは35歳のテリーがまだまだトップレベルでプレイできると考えているようで、今季は再びテリーが最終ラインを引き締めることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ