相手選手に踏まれ耳がちぎれる…… 元ミランのメネズ、新チームに合流してわずか2日後の悲劇

デビュー戦で痛々しいアクシデント

デビュー戦で痛々しいアクシデント

不幸に見舞われたメネズ photo/Getty Images

今夏のマーケットでミランからボルドーへ移籍した元フランス代表FWジェレミー・メネズが、ロリアンとのプレシーズンマッチで災難に見舞われている。

それは新天地に合流してわずか2日後の出来事だった。かつてソショーやモナコ、そしてパリ・サンジェルマンといったクラブでプレイした経験を持つメネズは、ボルドーでのデビュー戦となった同ゲームで対戦相手のディディエ・エンドングに頭部を踏まれ、流血。英『Daily Mail』を含む複数の欧州メディアが、右耳のちぎれたメネズの写真を掲載し、彼にとっては“悪夢のようなデビュー戦”だと綴った。意図せずとも、この悪夢に加担してしまう格好となったエンドングはその後、ディエゴ・ロランにもハードなタックルを食らわせると、同選手の足も負傷させている。もちろんエンドングは選手やクラブに対し謝罪。ロリアン公式サイトが発表している。

「ジェレミー・メネズとボルドーに謝罪するよ。当然ながらまったく意図していないプレイによって負傷させてしまったロランにも謝罪します。今後は彼らのために可能な限りのサポートをして、2人が一刻でも早くリーグアンに復帰できるように願うよ」

久しぶりにフランスリーグへと帰ってきたメネズ。彼の耳に訪れた突然の不幸が、今後のプレイに悪影響を与えなければいいのだが。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ