グアルディオラから太りすぎと言われた男にローマが熱視線 ピアニッチの後釜候補か

司令塔の獲得候補に

司令塔の獲得候補に

マンCでトレーニングするナスリ photo/Getty Images

先日マンチェスター・シティ指揮官のジョゼップ・グアルディオラから太りすぎと注意を受けたフランス人MFサミル・ナスリに、セリエAのローマが興味を示している。

ナスリは体重の問題もあり、ここまでプレシーズンマッチに出場していない。体重がベストに戻ってもマンCの2列目にはダビド・シルバ、ケビン・デ・ブルイネ、ノリートらが揃っており、ポジションを確保するのは難しいだろう。そこでナスリに興味を示したのがローマだ。

伊『Calciomercato』によると、ローマはチャンピオンズリーグに出場することができればナスリ獲得に動く考えを持っているという。ローマは昨季リーグ戦を3位で終えており、プレーオフに回っている。これをクリアできるかどうかが1つのカギとなるようだ。

ローマは今夏に司令塔のミラレム・ピアニッチをユヴェントスに奪われており、攻撃のアイディアを持つ司令塔を失ってしまった。ピアニッチが昨季リーグ戦で10得点12アシストを記録したことを考えると、その穴は想像以上に大きい。ナスリが埋められるかは不透明だが、攻撃の質を上げられる選手が欲しいところだ。

ナスリがマンCでグアルディオラの求める体重まで落とせるかも注目だが、太りすぎと指摘された男がピアニッチの後釜となるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ