衰え指摘された男がコンテの下で復活か 英紙「テリーがチェルシー最高のセンターバックだと証明された」

昨夏ポジション失ったテリーが復活

昨夏ポジション失ったテリーが復活

チェルシーを象徴する存在のテリー photo/Getty Images

アントニオ・コンテの下でリスタートを切ったチェルシーは、27日におこなわれたインターナショナル・チャンピオンズ・カップでリヴァプールを1-0と撃破した。ボール支配率ではリヴァプールが大きく上回っていたものの、チェルシーはコンテらしい戦い方で相手を無失点に抑え込んでみせた。

この試合で大きなインパクトを残したのはDFジョン・テリーだ。テリーは昨季年齢によるスピード不足を指摘され、らしくないイージーミスもあった。シーズン途中からはベンチを温める機会も多くなり、シーズン終了後にはクラブを退団すると思われていた。しかし、この試合では先発フル出場でチームの勝利に貢献。プレシーズンマッチとはいえ国内のライバルを無得点に抑え込んだのは大きい。

英『Daily Mail』は、この試合でテリーがまだチェルシー最高のセンターバックだということが証明されたと伝えており、コンテの下でテリーがポジションを失う可能性は限りなく低いと見ている。同メディアはテリーが常に正しい位置にいたと称賛し、改めてその存在感を取り戻したようだ。

コンテはユヴェントスでもアンドレア・バルザッリのようにベテランDFを起用しており、コンテの下であればテリーももう1度輝けるかもしれない。スピードを失ったのは事実だが、テリーはコンテにとってのバルザッリやジャンルイジ・ブッフォンのような存在になろうとしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ