磐田の“新・魔法の左足”が一般女性と入籍「より一層責任感を」

名波監督の下で成長を遂げるレフティー

名波監督の下で成長を遂げるレフティー

今季から磐田で活躍する中村 photo/Getty Images

26日、ジュビロ磐田はDF中村太亮が7月25日に一般女性と入籍したことを発表した。

現在27歳の中村は2008年に京都サンガのユースチームからトップチームに昇格し、2012年には期限付き移籍でアルビレックス新潟に在籍。2013年からはモンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉といったクラブで主力選手として活躍しており、今季から磐田に完全移籍で加入した。

磐田では22節を終えて20試合に出場しており、9節のサンフレッチェ広島戦では決勝点を決めて王者撃破に貢献している。また、同試合での得点が2010年以来となるJ1リーグでのゴールとなった。

23日に行われた横浜F・マリノス戦にもフル出場を果たした中村は、同試合から2日後の25日に入籍。クラブ公式サイトを通じて、「新しい家族ができ、より一層責任感を持って、これからも頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

“新しい家族”ができた中村は今後も左サイドから多くのチャンスを作り出し、昇格1年目のクラブを更なる上位に導くことができるだろうか。魔法の左足を持つ名波監督の下で進化を遂げるレフティーのパフォーマンスに今後も注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ