1年前にはビッグクラブがこぞって争ったのに…… ノルウェー神童の次なる行き先はブンデス中堅クラブか

レアル・マドリードでは芽が出ず

レアル・マドリードでは芽が出ず

世代別の代表ではエースだ photo/Getty Images

レアル・マドリードに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーのキャリアは今後どのようなものになるだろうか。

去年1月、当時16歳であった同選手はノルウェーの神童としてレアル・マドリードに入団。しかしトップチームでほとんど出番を与えられることなく、今に至っている。そのため、スペイン『as』によれば、ウーデゴーは移籍を前提に8月初旬に代理人とともにクラブと話し合うことになるようだ。

同紙が移籍先として推薦しているのはブンデスリーガだ。本人もブンデスリーガでの挑戦に前向きだと伝えられている。しかし、その移籍先として噂されるのはホッフェンハイム、ハンブルガーといった中堅クラブで、トップクラブでもボルシアMGとなっているようだ。1年前には神童としてもてはやされ、ビッグクラブがこぞって獲得を狙ったほどの逸材であるウーデゴー。小さくない挫折を味わった同選手がドイツに乗り込んでくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ