『キャプテン翼』がイタリアで放送開始から30周年! ボヌッチやキエッリーニが憧れた登場人物は……

世界中の子供たちを魅了するアニメ

世界中の子供たちを魅了するアニメ

『キャプテン翼』について触れたボヌッチ(右)とキエッリーニ(左) photo/Getty Images

19日、サッカー漫画の金字塔である『キャプテン翼』がイタリアでアニメ放映30周年を迎えた。1981年に『週刊少年ジャンプ』へ初めて掲載された同作品は、1983年にアニメ化。アニメは日本のみならず世界50カ国以上で親しまれ、イタリアでは3年後の1986年に放送が開始された。

現在活躍しているプロサッカー選手の中にも『キャプテン翼』のファンは多く、世界最高のプレイヤーであるリオネル・メッシもそのうちの一人だ。そんな中、ユヴェントスに所属するイタリア代表DFのレオナルド・ボヌッチとジョルジョ・キエッリーニがアニメ放映30周年を機に、同作品について触れた。

ボヌッチは自身のInstagramに「腕まくり、難しい少年時代、長い髪、常に持っているコーラ、闘志、大砲並みのシュート(タイガーショット)。ほとんどの子供たちはオーリー(大空翼)やベンジ(若林源三)に憧れていたけど、僕はマーク・レンダース(日向小次郎)のようになりたかったんだ。長い髪やタイガーショットが懐かしいし、今でも僕は練習しているよ」と投稿した。

一方、キエッリーニは自身のTwitterに、アニメで双子として登場する立花兄弟の写真とともに「これまで、僕たちはあらゆる方法でスカイラブハリケーンを試してみたよ」と綴り、彼らの必殺技に挑戦した経験があると明かした。

『Gazzetta dello Sport』や『TUTTOSPORT』など、多くの伊メディアが取り上げている30周年を迎えた『キャプテン翼』。今後も世界中の子供たちへ夢と希望を届けてもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ