[移籍]ブレーメンなどで活躍した元ブラジル代表司令塔が母国復帰 フラメンゴが3年契約で獲得

12年ぶりの母国クラブ

12年ぶりの母国クラブ

フラメンゴへ加入することが決まったジエゴ photo/Getty Images

フラメンゴは19日、かつてブラジル代表で司令塔を務めていたMFジエゴをフェネルバフチェから獲得したことを発表した。契約期間は3年間となっている。

現在31歳のジエゴは、2002年にサントスでプロデビュー。そして2004年、当時19歳ながらブラジル代表の一員として参加したコパ・アメリカで優勝を経験すると、同年にデコの後釜としてポルトが獲得した。その後はブレーメンやユヴェントス、ヴォルフスブルクなどを渡り歩いており、2014年にフェネルバフチェへ加入。同クラブでは2シーズンで57試合に出場し、7ゴールを記録している。

ときおり問題行動で注目を集め、指揮官と揉めることも多々あったジエゴ。彼にとってフラメンゴは安息の地となるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ