これはメッシにはできない芸当 C・ロナウドの異常な跳躍力に元レアルFW「信じられない運動能力」

ウェールズ戦で強烈なヘディングシュートを決める

ウェールズ戦で強烈なヘディングシュートを決める

勝利を喜ぶロナウド photo/Getty Images

運動神経という言葉で片付けて良いものなのか。EURO2016準決勝ウェールズ代表戦で見せたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのヘディングシュートは世界を驚かせる一撃だった。相手DFよりも頭一つ抜け出し、何より滞空時間が異様に長かった。しかもヘディングシュートにはかなりのスピードが出ており、まさにロナウドにしかできない芸術的なヘディングシュートだったと言える。

スペイン『MARCA』によると、ロナウドのヘディングシュートにはかつてレアル・マドリードでプレイしたFWカルロス・アロンソ・ゴンサーレス氏も驚かされたようだ。同氏はロナウドにしか打てないシュートだったと感じたようで、ロナウドが世界最高のストライカーだと主張した。

「彼は生まれながらにして信じられない運動能力を有している。ウェールズ戦でのゴールは素晴らしいものだったね。彼は相変わらず世界最高のストライカーだよ。彼は両足で強いシュートを打つことができるし、空中戦も強い。止められないよ」

また、同氏は複数のことをできるという点においてロナウドはリオネル・メッシを凌駕する存在だともコメントしており、地上戦だけでなく空中戦をも支配できる能力を持つロナウドを称賛している。地上戦のドリブル、パス能力などではメッシの方が上かもしれないが、ロナウドの方が得点を奪うパターンは多いと言えるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ