マンU、すでにフランスの至宝ポグバと個人合意 移籍情報に定評のある伊メディア報じる 

サッカー史上最高額の移籍金

サッカー史上最高額の移籍金

個人合意に達していると報じられたポグバ photo/Getty Images

ユヴェントスMFポール・ポグバの古巣復帰が秒読み段階に入ったかもしれない。

ポグバはフランス代表の一員としてEURO2016に参加しており、同代表も尻上がりに調子を上げて決勝までコマを進めた。このように代表では順調なポグバだが、裏ではレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドを中心に彼の争奪戦が繰り広げられており、来季の所属先が不透明である。

そんな中、カルチョの移籍情報に詳しく、現地でも定評のある伊『GIANLUCADIMARZIO』が7日、ユナイテッドとポグバはすでに個人合意に至っていると報じた。同メディアによると、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏を通して、双方の間では年俸1300万ユーロで基本合意に達しており、EURO2016終了後にユナイテッドがユヴェントスへ1億2000万ユーロのオファーを出すとのことだ。ユナイテッドは移籍金の用意もできているようで、もしこの移籍が実現するとサッカー史上最高額の移籍金となる。

はたして、ユヴェントスはユナイテッドのオファーを受け入れ、ポグバを手放すのだろうか。ユナイテッドのライオラ軍団化がさらに進むかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ