62歳のドイツ代表医療スタッフのパンツに『CR7』のロゴ! 仏メディア「この悪趣味は決勝では避けるべき」

ロナウドファン……?

ロナウドファン……?

彼が及ぼす影響はピッチ上だけにとどまらない photo/Getty Images

彼がどんな下着を穿こうがそれは自由だ。しかし、よりによって“それ”を選んでいたとは驚きだ。ユーロ2016でドイツ代表に帯同している62歳の物理療法士クラウス・エーダーさんが、前代未聞の罪によりメディアから槍玉に挙げられている。

2日に行われた準々決勝のイタリア戦。90分を終えても決着が付かない激戦となったこのゲームで、エーダーさんは疲労を蓄積させたバスティアン・シュバインシュタイガーにマッサージを施術。その際、少々前かがみになった62歳が見せた“スキ”を現地のカメラマンは無慈悲にも見逃すことはなかった。その僅かなズボンの隙間からはエーダーさんのお気に入りブランドであろう『CR7』のロゴがハッキリと異彩を放ち、ポルトガル人アタッカーがフットボール以外の面においても順調な生業を営んでいることを大いに示すことに。仏『Europe1』は“クリスティアーノ・ロナウド製の”パンツを装着しながらシュバインシュタイガーを施術するエーダーさんの写真を掲載し、「ファッション界におけるロナウドのトレンドパワーがすでに国境と世代を超えている」と指摘。しかしながら「ポルトガルと決勝で対戦する場合には、この悪趣味は避けた方が良いだろう」とも警告している。

仮にドイツ代表が7日に行われる準決勝のフランス戦に勝利すれば、フィナーレを争うのはポルトガルvsウェールズの勝者となる。もちろん優秀なベテランの物理療法士は頭を悩ませることになるだろう。なぜなら自らの母国が、“愛するファッションブランド”の創業者から栄光を奪い去ってしまうかもしれないからだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ