ザザの助走はなんだ? ちょこちょこ助走のPKにシアラー氏「ボールの前で踊ってた」

歴史に残る最悪のPKと批判される

歴史に残る最悪のPKと批判される

PKを外したザザ photo/Getty Images

激戦となったイタリア代表とドイツ代表の戦いは、PK戦でもなかなか決着がつかない好ゲームだった。しかし、PK戦ではイタリア代表FWシモーネ・ザザとグラツィアーノ・ペッレの不可思議なキックを見ることになってしまった。

ザザは少しずつ助走を取りながら相手GKの動きを観察し、最終的にはゴール右上へ大きく外してしまった。一方のペッレは蹴る前にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに向かってボールをフワリと浮かすぞといったようなジェスチャーを見せ、結果的に地を這うボールを蹴ってゴール左に外した。

英『Daily Mail』によると、この試合で解説を務めていた元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏もこの2つのPKに驚かされたようで、史上最悪のPKを見たとコメントした。

「我々はダルミアンの失敗を思い出すだろうけど、私がイタリア人ならザザの助走とペッレがGKに何か言っていたことが浮かぶだろうね。なぜあんなことをしたんだ?2人とも枠内に飛んでいない。我々は史上最悪のPKを見たよ。ただ、ノイアーのことは評価しないとね。最悪の2本があったけど、彼は2本止めたし、なぜ世界最高のGKなのかこの試合で証明したよ」

また、同じく解説を務めた元イングランド代表FWアラン・シアラー氏はザザのPKについて「いったいあの助走は何だったんだ?信じられない。ボールの前で踊ってたよ」とコメントしており、2人のPKは好ゲームの印象を少しばかり悪くするものとなってしまった。

イタリアにはPK戦勝利の光も見えていただけに、ザザとペッレの失敗は後悔が残るものになるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ