バルサのベンチよりユーヴェでのスタメンを選んだディバラ 代理人「バルサからオファーがあったのは事実」

今後もユヴェントスで成長を目指す

今後もユヴェントスで成長を目指す

アルゼンチンの未来を担う期待のストライカー、ディバラ photo/Getty Images

パウロ・ディバラは“夢のチーム”からの手招きを拒否している。それは、彼が地に足をつけた冷静な若者であるということを示しており、ユヴェントスでの大いなる成長を予感させるものだ。

昨夏にイタリアのパレルモから王者へと加入したこの若きアルゼンチン人は、突出したテクニックと魔法のような左足を持ち、カルロス・テベスを忘れさせる活躍を披露している。急速な成長を遂げるディバラには世界最強クラブ、バルセロナが巨額オファーを提示していたものの、彼は首を縦に振らなかったようだ。代理人グスタボ・マスカルディが伊『Gazzetta dello sport』で明かしている。

「マーケットではいつも多くの誘惑が選手を惹きつけるものだが、パウロははっきりとした自分のビジョンを持っていることを証明した。ここ数ヶ月以内にバルセロナからのオファーがあったことは事実だよ。ユヴェントスがパレルモに支払った金額の2倍となるオファーがね。でもパウロは継続したチャンスを与え続けてくれるクラブにおいて、経験を積むことが最も重要なことだと分かっているんだよ」

かねてより同胞のリオネル・メッシがアイドルだと語っていたディバラだが、もうしばらくは自身の成長に重きを置くことにしたようだ。ユヴェンティーノは、ホッと心を撫で下ろしたにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ