クロップ政権への参加を喜ぶマネ「ヨーロッパ最大のクラブのひとつとサインできた」

リヴァプールで活躍なるか

リヴァプールで活躍なるか

そのスピードは大きな武器となるだろう photo/Getty Images

イングランドプレミアリーグのサウサンプトンからリヴァプールへの移籍が決定したセネガル代表MFサディオ・マネが、華麗なステップアップを喜んでいる。

2012年のロンドンオリンピックからユルゲン・クロップ監督が注視し続けていたというマネは、昨季のプレミアリーグでハットトリックの最速記録を更新するなど、鮮やかな活躍を披露。リヴァプールへ合流したばかりの24歳が、同クラブ公式チャンネルのインタビューで移籍の喜びを語った。

「今日は僕にとってとても大きな日になったよ。ヨーロッパ最大のクラブのひとつとサインすることが出来て本当に幸せだね。このクラブは長い歴史を持ち、多くのタイトルを勝ち取ってきた。 このチームのスタッフや仲間たち全員と会うのをとても楽しみにしているんだ。プレシーズンを初日から参加できるのは大きな意味がある。オフのトレーニングが始まった後からだと色々なことが困難になってしまうからね。でも僕はすでにサインすることが出来た。このチームのみんなとシーズンを開始することができるだろうし、それは最高だよ。早く共に働きたいね」

昨年末よりチームを指揮するクロップ監督にとって、来季はその手腕が試される重要なものとなる。およそ40億円という移籍金で手にしたこの優秀なアタッカーと共に、果たしてリヴァプールはどのようなフットボールを展開するのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ