トップレベルのテクニックを持つのになぜ? エジルにだけはPKを蹴らせてはならない理由とは

PKの失敗が目立つエジル

PKの失敗が目立つエジル

PKを外してしまったエジル photo/Getty Images

ドイツ代表MFメスト・エジルといえば、常に冷静で安定感あるプレイを保証でき、なおかつ世界トップレベルのテクニックを誇るスーパースターだ。ドイツ代表の中でもテクニックはトップレベルで、誰1人としてエジルの能力を疑ってはいないだろう。

しかし、英『METRO』はPKを蹴らせるのだけはやめておいた方がいいと主張する。エジルは26日のEURO2016決勝トーナメント1回戦のスロバキア代表戦でPKを相手GKに完全に読まれてしまい、追加点のチャンスを逃してしまった。

技術を考えればエジルがPKを担当するのは何の不思議もないことだが、エジルはPKを苦手としている選手だ。エジルは所属するアーセナルでも何度かPKを失敗しており、2013-14シーズンのチャンピオンズリーグではバイエルン戦でドイツ代表の同僚マヌエル・ノイアーに完璧にストップされ、さらに同じシーズンのマルセイユ戦でもスティーヴ・マンダンダにストップされている。

同メディアによると、エジルは今回のスロバキア戦の失敗を含めると直近4回のPKのうち3回も失敗している。さすがにこれは多すぎる。

アーセナルにはPK職人でもあるサンティ・カソルラがいるために出番が回ってくる機会が少ないが、ドイツ代表でも誰か別の選手に任せた方がいいのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ