アーセナルで最も時間にルーズな選手は誰だ ベジェリンが練習に遅れてくる人物明かす

少々意外な選手の名前が挙がる

少々意外な選手の名前が挙がる

ベジェリンが名指しした選手は photo/Getty Images

プロサッカー選手と言えども、真面目に練習に打ち込む選手もいれば練習が嫌いという選手もいる。ではアーセナルで最も真面目にトレーニングをする選手と、少しばかり気の緩んでしまっている選手は誰なのか。アーセナル公式サイトが選手にインタビューした映像を公開した。

それによると、チームメイトから高く評価されていたのはFWアレクシス・サンチェスだ。サンチェスはジムなどにも通って早い時間からトレーニングしているようで、かなり練習熱心な選手としてチームメイトから称賛されている。

では、逆に少々不真面目な選手は誰なのか。何人かの選手がはぐらかす中、DFエクトル・ベジェリンがはっきり答えてくれた。ベジェリンが名指ししたのは同じスペイン人DFナチョ・モンレアルだ。モンレアルは練習に来る時間が少々遅いようで、ベジェリンはチーム内でもモンレアルの到着が遅いことが話題になっていると明かした。

「正直に言うと、ナチョだね。彼はいつもトレーニングに少し遅れてくるんだ。トマシュ(ロシツキー)が常にナチョだ、ナチョが最後だと言っていたのを覚えているよ。彼はサボったりするような類の選手ではないけど、常に遅れてくるんだ」

英『METRO』も常に安定したパフォーマンスを発揮しているモンレアルにそんな一面があったとはと驚いており、少々意外な選手がサボり気味だったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ