[移籍]ミランはそれで良い? イタリア代表の快速FWがローマへ完全移籍

ローン生活ともおさらば

ローン生活ともおさらば

エジプトにルーツを持つエル・シャーラウィ photo/Getty Images

早熟のエリートもとうとう安住の地を見つけ出したようだ。イタリアの首都に本拠地を置くASローマが21日、ミランからイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィを完全移籍で獲得したことを発表。2020年6月30日までの4年契約となり、移籍金は1300万ユーロ(約15億円)だという。

エル・シャーラウィはジェノアでプロとしてのキャリアをスタートさせると2011年にセリエAの名門ミランへ加入。俊足を生かしたドリブルと決定力抜群のゴールセンスで、一躍時の人となったが、度重なる負傷の影響もあり、そのパフォーマンスは継続性を欠いていた。昨夏にはモナコへローン移籍し再起を図ったものの、そこでも期待を裏切る低調ぶりを見せ、今冬から再びイタリアへ復帰。ローマこそがエル・シャーラウィにとっての理想郷だったようだ。23歳のイタリア代表FWが、同クラブへの完全移籍について言及している。ローマ公式サイトが伝えた。

「今日という日はこの僕にとってとてもスペシャルな日になったね。あらゆる意味において、ローマの所属選手になることができたんだ。関係者やチームメイト、すべての人に感謝したい。僕はローマに全部を捧げるよ」

現在はフランスで開催中のユーロに参戦しているエル・シャーラウィ。新シーズンもローマで彼のトリッキーなドリブルを堪能することができそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ