いつの間にかイタリア代表が優勝候補に リッピ氏がイタリアをフランスやドイツと同格に語る

ベルギー戦で評価変わる

初戦でグループ最大の相手であるベルギー代表を倒したイタリア代表の評価が急上昇している。

EURO2016開幕前は優勝候補に挙げる者などほとんどいなかったが、2006年にイタリア代表を率いてワールドカップを制したマルチェロ・リッピ氏もベルギー戦のパフォーマンスに衝撃を受けたようだ。伊『Gazzetta dello Sport』はリッピ氏の優勝候補にイタリアも入ったと伝えており、同氏のコメントを紹介した。

「イタリアはベルギーに対して素晴らしい試合をしたし、コンテは成功を収めるにふさわしい指揮官だと思うよ。アズーリに加えてフランス、ドイツ、スペイン、ベルギーは非常に良くやっていると見ている。ベルギーは初戦を落としたが、彼らは遅れを取り戻してくるだろう」

イタリアはたった1試合でドイツやフランスと同じ立ち位置に扱われるようになり、一気に優勝候補の一角に躍り出た空気がある。まだグループステージを抜けたかどうかも決まっていないが、ベルギー戦の勝利は今のところ今大会最大のサプライズとなっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ