グリーズマン、目指すオシャレのハードルが高すぎる!? 憧れているのはサッカー界1,2を争うあのイケメン

少しレベルが違う気もするが……

サッカー界のスーパースターになるにはピッチ上で好プレイを見せるのはもちろん、ピッチ外でも服装や髪形などで周囲を納得させなければならない。現在フランス代表のエースへと成長したアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンも、そうしたスーパースターへの道に憧れを抱いている選手の1人だ。

スペイン『Mundodeportivo』によると、グリーズマンが憧れていたのはあのデイビッド・ベッカムだ。グリーズマンは2012年のロンドン五輪で聖火リレーに参加したベッカムの姿が目に焼き付いているようで、当時はベッカムの髪型を真似しようと思ったことを明かした。

「僕はベッカムの大ファンなんだ。ピッチ上でも礼儀正しいし、ピッチを離れればいつも清潔で身なりが整っている。今でも2012ロンドンオリンピックのことを覚えているよ。ベッカムがボートに乗って聖火を運んできた時、彼の髪は全く動かなかったんだ。最初は僕も彼の髪形を真似したいと思ったんだけど、彼の髪は長かったから、自分の髪の毛が伸びるのを半年ほど待つのは長すぎたんだ」

今のグリーズマンの髪形を見ると、少しばかり当時のベッカムを意識したところがあるようにも感じられる。グリーズマンはピッチ内ではスター選手の仲間入りを果たしつつあるが、ピッチ外でもスターになるべく憧れのベッカムを意識しているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ