ユナイテッド、約3ヶ月間スタンダール・リエージュにレンタル移籍していたGKバルデスの退団を発表

大方の予想通り契約延長ならず

大方の予想通り契約延長ならず

ユナイテッドで出場機会に恵まれなかったバルデス photo/Getty Images

11日、マンチェスター・ユナイテッドは2016年6月30日で満了を迎えるヴィクトル・バルデスとの契約を更新しないことを発表した。同時に、ジョージ・ドリントン、ニック・パウエル、オリバー・ラスボーンの3選手の退団も発表している。

バルデスはユナイテッドの前指揮官ルイ・ファン・ハールと衝突し、同クラブでは出場機会を与えてもらえず、今年1月から約3ヶ月間ベルギーのスタンダール・リエージュへレンタル移籍していた。移籍先では公式戦8試合に出場してカップ戦の優勝に貢献するなど、復活の兆しを見せていたが、所属元であるユナイテッドとの契約更新には至らなかった。

フリートランスファーでの移籍となるバルデスだが、すんなり新天地が決まるのだろうか。移籍金がかからないのであれば、彼を欲しがるクラブは少なからずありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ