なぜバーディのアーセナル移籍は決まらなかった? レスターがエース慰留に本気を出していた

今夏去就に注目

レスターのエースFWジェイミー・バーディの運命は錯綜している。

先日、アーセナル移籍の可能性が伝えられたバーディ。バイアウト価格は2200万ポンドと格安なこともあり、十分な給与も与えられるアーセナルが現地時間6日に交渉をまとめられると伝えられていた。しかし、結果としていまだ契約にサインはされぬまま、バーディはEURO2016に臨むためにフランスへと渡った。その要因としてレスターが同選手に新たなオファーを提示したと英『THE TIMES』は伝えている。

2月にバーディはレスターと契約延長を行ったばかりで、その条件は週給8万ポンドだった。そして今回アーセナルが提示したとされているのは週給12万ポンド。そのため、バーディはステップアップを模索している。しかし、ここにきてレスターがさらなる条件でバーディを慰留しようとしているようだ。英『Mirror』によればレスターは週給10万ポンドのオファーを送っており、アーセナルが提示した週給に迫るものとなっている。

今後も目が離せないバーディの去就問題。今夏の移籍市場で話題の中心になることは間違いなさそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ