新生なでしこ、王者アメリカにドローと好スタート 高倉監督「勝つことができた試合だった」「多くの選手に期待」

前半2点リードするも……

現地時間2日、女子日本代表(なでしこジャパン)は、女子アメリカ代表と国際親善試合を行い、3-3で引き分けた。高倉麻子監督となって初めて迎えた試合は、途中出場した横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)が、後半アディショナルタイムに劇的なゴールを決め同点に追いついた。

高倉監督は試合を振り返り「勝つことができた試合でした。選手たちは粘り強く戦って、この短い準備期間でやろうとすることを理解し、よくトライしてくれました。まだまだ修正することがたくさんあります。どのポジションも誰にも与えたつもりはないので、多くの選手に期待しています」と語った。日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

完全アウェイの中で戦ったなでしこジャパンは、前半22分までに岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)と永里優季(FFCフランクフルト)が得点を重ね2点をリードしていた。たが、その後アレックス・モーガンらにゴールを奪われ猛反撃を受けて逆転。最後に同点に追いついたが、高倉監督は修正点が見えたと口にした。

なでしこジャパンは5日、クリーブランドで女子アメリカ代表との第2戦を戦う予定となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ