英2部にUCL優勝経験者が2人 元チェルシー指揮官ディ・マッテオ、アストン・ヴィラ監督就任が正式発表

”モウリーニョ・チルドレン”とタッグ

”モウリーニョ・チルドレン”とタッグ

アストン・ヴィラの監督に就任するディ・マッテオ photo/Getty Images

2012年にチェルシーでUEFAチャンピオンズリーグとFAカップを獲得したロベルト・ディ・マッテオ監督は、来季からチャンピオンシップに所属するアストン・ヴィラを率いることが正式に発表された。クラブの公式サイトが伝えている。

ディ・マッテオ監督は「偉大なフットボールクラブの監督になることができた。私にとっては素晴らしく名誉なことだ。アストン・ヴィラが本来いるべき場所に戻るための挑戦を楽しみにしている」とコメントを寄せた。

同監督はMKドンズ、ウェスト・ブロムウィッチ、チェルシーなどイングランドのチームで監督を経験。チェルシーの監督を解任された後に2014年10月にブンデスリーガのシャルケで指揮官を務めるも、2015年5月に辞任していた。事前に英『the guardian』などで報道された内容では、2年間の契約を結び、アシスタントにはジョゼ・モウリーニョのもとでアシスタントコーチを務めたスティーブ・クラークが就くと伝えられていた。

また、2015-16シーズンを18位で終えてチャンピオンシップに降格したニューカッスルは、ラファエル・ベニテス監督の続投が決定しており、UCLを制した指揮官2人が2部で指揮を執ることになった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ