もうイタリア代表の栄光は10年前の話に…… リッピ氏が2006W杯を振り返る「いくつか幸運もあった」

EURO2016を前に10年前を振り返る

2010ワールドカップから2大会連続でグループステージ敗退を喫したイタリア代表には、今夏フランスで開催されるEURO2016でも大きな期待はかかっていない。今回もグループステージを突破できるか不透明な状況で、優勝候補に推す人は少ないだろう。

そんなイタリア代表も、2006ワールドカップでは非常に安定した強さを誇っていた。伊『Rai Sport』によると、当時チームを指揮していたマルチェロ・リッピ氏はいくつかの幸運があったと語り、EURO2016を前に10年前の栄光を振り返っている。

「我々が最も苦しんだのはグループステージ第2戦のアメリカ戦だったね。あの試合はダニエレ・デ・ロッシのエルボーで10人になっていたからね。決勝トーナメントのオーストラリア戦でも我々は10人だった」

「我々にはいくつか幸運があったことも認めなくてはならないね。オーストラリア、ウクライナではなく、より強いチームと当たる可能性もあった。準決勝でドイツを倒したとき、私はトロフィーを掲げることを確信したよ」

当時のイタリア代表に比べればワールドクラスと呼べる選手は少なく、メンバー構成は地味だ。しかし、当時も絶対的な優勝候補というわけではなかった。今回も優勝を信じる者は少ないが、フランスの地でサプライズを起こせるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ