ユーヴェの10番のバルサ移籍報道が一気に過熱 ポグバがバルセロナに家を購入していた

不動産仲介業者はサッカーとは関係ないとしているが……

今夏に国外のビッグクラブへ移籍するのか、それともユヴェントスに残留するのか。フランス代表MFポール・ポグバの去就は今夏大きな注目を集めている。

そんなポグバの移籍報道を刺激する話題が浮上した。伊『La Repubblica』によると、ポグバはバルセロナに家を購入したという。このニュースを見た者は誰しもバルサ移籍を噂するだろう。

しかし、不動産仲介業者は今回の動きはサッカーとは何の関係もない投資目的だと訴えている。同メディアが業者サイドのコメントを伝えた。

「バルセロナに家を買ったことは、フットボールとは何の関係もありません。我々はこの発言が皆さんを納得させることを願っています。なぜならクライアントは世界的に有名なフットボーラーだからです。今回のことをスペインメディアも取り上げるでしょうが、我々はそれを望んでいません」

家を買う行為は選手の移籍を強く連想させるものとなるが、今回のポグバの動きは本当に移籍とは関係ないのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ