またもロシアからの脱出は叶わずか ミランも興味示すベルギーの心臓がゼニトと契約延長か

2019年まで契約延長の可能性

2019年まで契約延長の可能性

ゼニトと契約延長に近づくヴィツェルphoto/Getty Images

ベルギー代表の心臓役として2014ワールドカップでもフル稼動したゼニトMFアクセル・ヴィツェルは、今後もロシアに留まることになりそうだ。

ヴィツェルには以前よりミラン、ローマ、ユヴェントスなどセリエAの強豪クラブが興味を示しており、プレミアリーグのクラブからも関心の声が挙がっていた。しかし伊『Sky Italia』はヴィツェルがゼニトとの契約を2019年まで延長する見込みと報じており、27歳の大型MFはまだロシアに留まることになりそうだ。

ヴィツェルは今年3月の時点ではゼニトと契約延長しないと宣言し、今夏に欧州のビッグクラブへ移籍することを目標としていた。しかしこのままいけば今夏の移籍は考えにくく、ヴィツェルのロシア生活は5年目に突入することになりそうだ。

これまで日本代表MF本田圭佑を含め複数の選手がロシアからの脱出に苦労してきたが、若い頃より将来を嘱望されていたヴィツェルも同様の結果となってしまった。現在ヴィツェルとゼニトの契約は2017年6月までとなっているが、最終的にどのような判断を下すのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ