マンUの退団が正式発表されたファン・ハール「3年の契約期間をまっとうできなくて残念」

若手を育てることがやりがい

若手を育てることがやりがい

FA杯制覇が置き土産となったファン・ハール photo/Getty Images

23日、かねてから噂されていたルイ・ファン・ハールの退団をマンチェスター・ユナイテッドが正式に発表した。

そんな中、同クラブの公式サイトがファン・ハールのコメントを次のように伝えている。

「マンチェスター・ユナイテッドのような壮大なクラブを指揮することができたのは名誉なことだし、私の長年の野望を果たすことができた。クラブ史上12度目のFA杯制覇に貢献できたのはとても誇らしいことだ。私はこれまで20個のタイトルを獲得してきたが、歴史あるFA杯制覇は私のキャリアの中でも特別なもののひとつとなるよ」

「当初予定していた3年の契約期間をまっとうできなくて、私はとても残念に思っているんだ。だけど、クラブは間違いなく進歩しているし、さらなる功績を残せると信じているよ。情熱的なファンが求める成功のために、今回のFA杯制覇が来季の躍進の礎となって欲しい」

「私は選手たちに感謝しているし、彼らが来季活躍することを願っている。彼らとの仕事は喜びに満ち溢れていた。いつしか若い選手たちにチャンスを与え、トップチームへ上げることが私のやりがいとなっていたんだ。これからも、彼らの成長を楽しみにしているよ」

「この偉大なクラブで指揮する機会を与えてくれたオーナーとクラブ関係者には感謝しているよ」

後任には、今季の途中でチェルシーの指揮官を解任されたジョゼ・モウリーニョが有力で、いくつかの英メディアは近々ユナイテッドが就任発表を行うのではないかと報じている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ