10位フィニッシュでもチェルシー移籍に後悔なし ペドロ「来季はとてもよくなる」

苦しい1年目を過ごしたペドロ

苦しい1年目を過ごしたペドロ

チェルシーで苦しんだペドロphoto/Getty Images

昨夏出場機会を求めてバルセロナからチェルシーへ移籍したFWペドロ・ロドリゲスは、思うようにいかない難しいプレミアリーグ1年目を過ごした。チームも信じられないほど低迷し、ポジティブな要素はほとんどなかった。しかし、ペドロはチェルシー移籍の判断をミスだとは感じていない。

スペイン『MARCA』によると、ペドロはチェルシー加入を後悔していないと語り、来季はもっと良いパフォーマンスを見せられるはずと自信を見せている。

「僕はチェルシーでハッピーだし、バルセロナを離れる決断を下したことを後悔していない。もちろん、今季は最高のプレイを見せられたわけじゃない。だけど僕は常に自信を持っている。来季はとてもよくなると思うよ。個人的にも、チームとしてもね。僕はプレミアリーグを獲得したいんだ。それが夢でもあるからね」

ペドロはチェルシー加入1年目に2338分間ピッチに立ち、8得点2アシストの成績を残した。出場機会は昨季より多少増えたが、ペドロほどの選手ともなれば満足できる成績ではない。ペドロは来季の戦いに自信を見せているが、来季こそ真の実力を発揮できるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ