次期監督アンチェロッティからゲッツェへ最後通告「移籍をするべき」

恩師と再会か

恩師と再会か

最後までペップ・バイエルンでは輝ききれず photo/Getty Images

バイエルンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの今夏移籍が濃厚になったようだ。

現在の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラからは冷遇され続けたゲッツェ。同選手は「アンチェロッティの考えを聞くまでは移籍をしない」と明言していたが、その本人から移籍を薦められてしまったようだ。独『SZ』が伝えている。

同紙によれば、バイエルンの次期監督であるカルロ・アンチェロッティはすでにゲッツェと話し合いを行っており、「レギュラーとしてプレイするなら移籍をするべき」とアドバイスをした模様。そのため、バイエルンでのシーズンは今季が最後となりそうだ。

また、この報道を受けて、恩師であるユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールが本格的に獲得に乗り出すと伝えられている。いよいよゲッツェの移籍が現実味を帯び、来季はプレミアリーグ挑戦が濃厚となった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ