ファン・ハールが恐れるものは空中戦 ウェストハムの怪物FWを警戒「我々は小柄なチーム」

キャロルの高さを警戒

キャロルの高さを警戒

キャロルを警戒するファン・ハールphoto/Getty Images

10日にウェストハムと対戦するマンチェスター・ユナイテッドは、トップ4入りを達成するためにも絶対勝ち点3が必要だ。指揮官のルイ・ファン・ハールもチャンピオンズリーグ出場権を確保できれば自身の首が繋がると信じており、来季に希望を残すためにもトップ4入りは絶対に達成しなければならない。

そんなファン・ハールは、今回のウェストハム戦を非常に警戒している。英『Daily Mail』によると、ファン・ハールは空中戦で圧倒的な強さを誇るFWアンディ・キャロルを警戒しており、それほど大きくないマンUのディフェンスラインで対応できるか懸念している。また、ウェストハムは来季から新スタジアムに移動するため、これが本拠地で戦うプレミアリーグ最後のゲームとなる。ファン・ハールはそのことも警戒しているとコメントした。

「我々はプレミアリーグの中でも小柄なチームだし、キャロルをとても警戒しているよ。しかもウェストハムにとって今回の試合はスタジアムにお別れを言う試合だ。彼らは負けたくないだろう。それにFAカップでも彼らは我々に負けているからね。その事実は我々にとって良いものではないし、ウェストハムは良いクラブだ。我々は彼らがスタジアムにお別れを言うパーティーを邪魔したくはない。だが、勝ち点3を獲らないといけないんだ。それとこれとは別の話さ」

ウェストハムにとっても上位進出へ向けてマンU戦は負けられない一戦で、FAカップのリベンジを果たしたいとの考えもあるだろう。白熱必至の一戦はどちらが制するのか。プレミアリーグらしいファイト溢れる勝負が期待できそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ