再びリーガに舞い戻る? 異端児ビエルサ、エスパニョールの監督候補に浮上

11年から13年までビルバオを指揮

11年から13年までビルバオを指揮

マルセイユを率いていたビエルサ監督 photo/Getty Images

アルゼンチンやチリの代表監督を務めたマルセロ・ビエルサが、来シーズンからエスパニョールを率いる有力な候補として浮上している。

ビエルサ監督とエスパニョールの会談は1月から始まっていたと『COPE(スペインの大手ラジオ局)』の番組『Tiempo de Espanyol』が伝えており、現在ラージョで監督を務めるパコ・ヘメスやチリ代表監督を務めていたホルヘ・サンパオリも次期監督候補として挙げられているという。

ビエルサ監督は戦術マニアとして知られ、サッカーに異常な情熱を注ぐことから「エル・ロコ(狂人)」と呼ばれる。昨年夏に2014年から指揮を執ったマルセイユを突然辞任し、現在はフリー。リーガでは2011年から2013年までアスレティック・ビルバオの監督を経験し、1998年にはエスパニョールの監督を務めたこともある。ビエルサ監督はエヴァートンの監督候補にも挙げられているとされるが、再びスペインの地で指揮を執ることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ