移籍希望から一転……テア・シュテーゲン「バルセロナに一生残りたい」

一番手を目指す

一番手を目指す

残留濃厚となったテア・シュテーゲン photo/Getty Images

バルセロナに所属するGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが自身の考えを改めたようだ。

先日、出場機会を求め「移籍も考える」と話していたテア・シュテーゲン。そのため、プレミアリーグのクラブを中心に多くの関心を寄せられていたが、やはり世界一のクラブを出るのは惜しいと考えたのかもしれない。英『Mirror』が同選手のコメントを伝えている。

「僕はバルセロナで幸せだ。一生ここに残りたいね。ここで生活するのも大好きなんだ。常にここでプレイするために全力を捧げている。ブラボやマシプと競いながらね。毎週そうだ。僕らが競い合って、いつでも準備ができているというのはチームにとってもいいことなんじゃないかな」

テア・シュテーゲンはバルセロナでナンバーワンキーパーの座を得るため戦うことを選んだようだ。他のクラブなら容易に一番手になれる実力者だけに、その勇気ある決断に拍手を送りたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ