大いなる勘違い……Y・トゥレ「マンチェスターの赤いほうが僕を欲しがっていると思っていた」

自身の選択には後悔なし

自身の選択には後悔なし

マンチェスターの青いほうでプレイするY・トゥレ photo/Getty Images

マンチェスター・シティに所属するヤヤ・トゥレは現在のチームに移籍してくる前、ライバルチームが自分を獲得したがっていると考えていたようだ。

2010年、バルセロナからマンチェスター・シティへとやってきたトゥレ。同選手は強豪チームへと成長していたマンチェスター・シティの中心選手として今日まで活躍している。トゥレは英『Daily Mail』で「このメンバーで歴史を作れて最高だったよ。信じられないね。ここに来たのは大きな挑戦だったけど、成功がつかめることはわかっていたし、ビッグクラブと競ってもタイトルをとれるだろうと思っていた。良い選択をしたよ」と移籍に後悔がないことを話している。

一方で最初は勘違いをしていたようだ。同選手は「僕がバルセロナにいたとき、アプローチをかけてきたのはマンチェスター・シティだった。でも僕は最初マンチェスター・ユナイテッドが僕を欲しがっていると思っていたんだ。だから代理人は僕に『マンチェスターの青いほうだ』と言わなければならなかった」と当時の移籍秘話を明かしている。

もしトゥレの勘違いしていた通り、マンチェスター・ユナイテッドが同選手を獲得していたならば、マンチェスター・シティに多くのタイトルはもたらされなかったかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ